国際伝熱会議 (IHTC) ・ 熱物質輸送国際センター (ICHMT) ・ その他の国際機関
関連記事 (伝熱誌など)

Watt & Edison Home page 論説など 学生・専門向け Tributes Heat in History  Journals

  日本機械学会 熱工学部門  日本伝熱学会  化学工学会 熱工学部会

   ICHMT
  ASTFE  ASME_HTD EUROTHERM UKNHTC AUTSE
   AIHTC
    
No. 1 (2018年7月29日)
No. 2 (2019年6月10日)
No. 3 (2021年5月19日)
Link to Begell House

IHTC関連記事 (1970年7月─2010年10月)
国際伝熱センターについて (平田賢、1971年1月)
第4回国際伝熱会議 (1971年1月)
第5回国際伝熱会議 (1974年10月)
特集: 第6回国際伝熱会議 (1978年10月)
第7回国際伝熱会議 (1982年9月) (吉田英生、森・土方研究室内レポート: なぜか伝熱誌には関連記事が皆無)
国際熱・物質伝達センター (International Centre for Heat and Mass Transfer) について (森康夫、1985年10月)
第8回国際伝熱会議 (1987年1月)
International Centre for Heat and Mass Transferについてのニュース (森康夫、1987年1月)
国際的視点からの日本の伝熱研究 (森康夫、1987年1月)
特集: 第9回国際伝熱会議 (1991年1月)
特集: 第10回国際伝熱会議 (1994年10月)
特集: 第11回国際伝熱会議 (1998年10月)
第11回国際伝熱会議に参加して (吉田英生、エネルギー・資源 1999年1月)
特集: 第12回国際伝熱会議 (2002年9月)
International Centre for Heat and Mass Transfer (ICHMT)
─その最近の活動報告と会員各位へのお願い─ (鈴木健二郎、2004年9月)
特集: 第13回国際伝熱会議 (2006年10月)
第15回国際伝熱会議の京都開催決定 (笠木伸英、2006年10月)
特集: 第14回国際伝熱会議 (2010年10月)
第14回国際伝熱会議の概要 (吉田英生、2010年10月)
熱物質輸送国際センター (ICHMT) の最近の活動と今後の課題 (笠木伸英、2011年1月)
将来検討委員会答申 (2012年7月)
熱物質輸送国際センター (ICHMT) の2011年以降の活動 (吉田英生、2012年10月)
The Heat Transfer Society of Japan, the 50th Anniversary: Retrospect and Prospect, WATARU NAKAYAMA
Report on Plenary Panel “The Role of Thermal Science in Meeting Societal Challenges”
at the 15th International Heat Transfer Conference (IHTC-15)(2014年8月)
特集: 第15回国際伝熱会議 (2014年10月)
第15回国際伝熱会議に参加して (津島将司、エネルギー・資源 2014年11月)
熱物質輸送国際センター (ICHMT) の現状と今後の課題 (吉田英生、2016年1月)
アジア熱科学工学連盟 (AUTSE) (高田保之、2016年7月)
「第3回抜山記念国際賞」の経過と授賞報告 (吉田英生、2017年4月)
第16回国際伝熱会議─京都2014から北京2018へ (吉田英生、2018年10月)
アジア熱科学工学連盟 (AUTSE) 第4回および第5回 Executive Board Meeting 報告 (高田保之、2018年10月)
Int. J. Heat and Mass Transfer と Int. Centre for Heat and Mass Transfer に関する報告 (吉田英生、2019年4月)
International Centre for Heat and Mass Transfer (ICHMT)
Brief Introduction to Member Institutions and Scientific Council Members (October, 2020)
 

no.1
「伝熱研究」・「伝熱」 バックナンバー no.150 まで
(no.151以降は日本伝熱学会のウェブサイトから)


総目次 no.1−no.150
総目次 no.151−169−218−最新号
no.1−168: 40周年記念のCD-ROMより
no.169−217: テキスト情報はOCRによる
no.218 (2013年)以降: オリジナルPDFより


no.100


no.128


no.144
vol. no. no. no. no. vol. no. no. no. no.
伝熱研究 1962,   1 1 2 3 4 1963,   2 5 6 7 8
1964,   3 9 10 11 12 1965,   4 13 14 15 16
1966,   5 17 18 19 20 1967,   6 21 22 23 24
1968,   7 25 26 27 28 1969,   8 29 30 31 32
1970,   9 33 34 35 1971, 10 36 37 38 39
1972, 11 40 41 42 43 1973, 12 44 45 46 47
1974, 13 48 49 50 51 1975, 14 52 53 54 55
1976, 15 56 57 58 59 1977, 16 60 61 62 63
1978, 17 64 65 66 67 1979, 18 68 69 70 71
1980, 19 72 73 74 75 1981, 20 76 77 78 79
1982, 21 80 81 82 83 1983, 22 84 85 86 87
1984, 23 88 89 90 91 1985, 24 92 93 94 95
1986, 25 96 97 98 99 1987, 26 100 101 102 103
1988, 27 104 105 106 107 1989, 28 108 109 110 111
1990, 29 112 113 114 115 1991, 30 116 117 118 119
1992, 31 120 121 122 123 1993, 32 124 125 126 127
1994, 33 128 129 130 131 1995, 34 132 133 134 135
1996, 35 136 137 138 139 1997, 36 140 141 142 143
1998, 37 144 145 146 147 伝熱 1999, 38 148 149 150
 
no.184
1985年 (PCシステム導入) 以後の日本伝熱学会事務局の歴史─倉水裕子さんへの感謝─ (2015年4月)        

 
September 1982 (IHTC-7)

Booklet at IHTC-7 (U. Grigull, H. Sandner, J. Straub and H. Winkler)